新しい人生のステップを弁護士がお手伝いします。

離婚・男女問題

離婚相談について

離婚・男女問題の相談事例

当法律事務所には、離婚・男女問題でさまざまな相談が寄せられます。

  • 離婚をしたいが、どうすればよいか。
  • 家庭裁判所から離婚調停の申立書が届いたが、どのように対応すればよいか。
  • 別居中の夫(妻)が生活費を払ってくれない。婚姻費用を請求したい。
  • 財産分与・養育費について合意せずに離婚してしまった。財産分与・養育費を請求したい。
  • 離婚した夫(妻)が、養育費を払ってくれない。
  • 夫(妻)が浮気(不貞行為)をした。慰謝料請求をしたい。
  • 夫(妻)からのDV(家庭内暴力)・モラハラ(モラルハラスメント)に悩んでいる。
  • (未婚のシングルマザーが)子どもの認知請求をしたい。
  • (未婚のシングルマザーから)子どもの認知請求をされた。

弁護士に相談をしたほうがいいケース

 浮気の兆候があったり、夫婦の不和やDVなど発生するなどして、離婚を考え始めた場合は、できる限り早い時期に弁護士に相談しましょう。円満に解決できる道筋をアドバイスいたします。
 具体的な例は、以下になります。

・パートナーの不貞行為やDVに悩んでいる

・愛情が冷め切ってしまった

・パートナーが浮気をしているかもしれない
  →どのような証拠が必要なのか。どのように調べたらよいか。

・離婚する際に争いが発生したケース。
  →離婚には大きく3つの争いが生じやすいといわれています
     ① 離婚自体の争い……離婚したい、したくない、など
       ② お金の争い……財産分与、慰謝料、年金分割など
   ③ 子ども……親権、離婚後の面会交流(面接交渉)、養育費など

・不貞行為が気付かれ、離婚や慰謝料を要求されている

・離婚調停中または離婚後に、子どもに会わせてくれない(面会交流)

 

弁護士が行うこと

 離婚をするためには、心配事・悩み事も多く、とてもストレスがかかるものと思われます。弁護士の力を活用して、ストレスを少しでも軽減していただきたいと思います。
 弁護士は、依頼者の方々が、離婚後に有意義な再出発ができるようお手伝いいたします。

  • 浮気を確定できる証拠集めのアドバイス
  • 離婚事件の代理人になる
      → 離婚の話し合い(交渉)、離婚調停(夫婦関係調整調停)、離婚訴訟、不貞行為の慰謝料請求など
  • 婚姻費用の請求(調停)
  • 養育費の請求(調停)
  • 面会交流の請求(調停)

離婚等の男女問題に関する弁護士報酬

内容 着手金・報酬金(税別)
離婚交渉 着手金:20万円が標準
報酬金:1)経済的利益が500万円以下の場合
     経済的利益の16%が標準
    2)経済的利益が500万円を超え3,000万円以下の場合
     20万円+経済的利益の10%が標準
    3)経済的利益が3,000万円を超える場合
     100万円+経済的利益の6%が標準
    4)結果が経済的利益として算出できない場合
     25万円が標準
婚姻費用、養育費、面会交流、財産分与(離婚後)、認知請求等(交渉・調停・審判) 同上
離婚調停・離婚訴訟 着手金:30万円が標準
報酬金:1)経済的利益が500万円以下の場合
     経済的利益の16%が標準
    2)経済的利益が500万円を超え3,000万円以下の場合
     20万円+経済的利益の10%が標準
    3)経済的利益が3,000万円を超える場合
     100万円+経済的利益の6%が標準
    4)結果が経済的利益として算出できない場合
     25万円が標準
DV保護事件 着手金:20万円が標準
報奨金:20万円が標準

※離婚交渉から離婚調停に移行した場合、離婚調停から離婚訴訟に移行した場合には着手金10万円を追加して頂きます。

解決事例

当法律事務所が担当した離婚・男女問題に関する解決事例です。

1 夫の不貞行為とDVに悩んでいる妻
安全を確保し、かつ離婚できる対策をとった。

  • 夫から避難し、住居を変えた
  • 「DV保護命令」の申し立て
  • 「離婚調停」「婚姻費用分担請求調停」の申し立て
  • 不貞相手への慰謝料請求
  • 離婚するための手続

2 離婚後の子どもとの面会交流
離婚後、子どもの親権はほとんどの場合、母親になる。父親は最初から親権をあきらめている場合が多い。また、面会交流権もあきらめてしまうことも少なくない。

  • 子どもに毎月1回会う面会交流権を獲得した

3 不貞行為の慰謝料請求

  • 不貞行為を疑われ、慰謝料請求の訴訟を起こされたが、さまざまな方策を駆使し慰謝料がゼロになった

 

 

愛知県弁護士会所属

筒井法律事務所 弁護士 筒井康之

(事務所住所)
 〒450-0002
 愛知県名古屋市中村区名駅二丁目44番5号
 第2メビウス名古屋ビル9階

メールでのお問い合わせ
img-inquary_spimg.jpg
初めて弁護士に依頼される方へ 筒井法律事務所BLOG